高血圧対策なら食事療法は外せない~始めよう減塩健康生活~

料理

難しくない食事療法

男性

病院の健康診断の結果で高血圧だと診断される中高年の方は多いです。最近では食生活が不規則になり栄養バランスが偏りがちな人も多く、若者でも高血圧になる可能性が十分に考えられるのです。高血圧は心臓病を引き起こす要因の1つであり、脳血管障害や心臓系の病気を引き起こす可能性があるため、早めに改善対策を取る必要性があります。高血圧を引き起こす原因としては様々ですが、主な要因としては塩分過多な食事、血管の老化、疲労、ストレス、肥満、遺伝など様々です。

高血圧の症状改善や予防方法として代表的なものが食事療法になります。高血圧を引き起こす主な要因である塩分の摂取を控えることで高血圧の症状を効率良く改善していくことが出来ます。塩分を控えた食事療法を行なうことで血圧の上昇を防ぐことが出来るようになるのです。高血圧に対する食事療法の内容としては、とにかく血圧を下げる食品やドリンクを摂取するというものです。血圧低下に効果のある食品としてはミネラルを多く含んだ、ワカメや昆布などの海藻類。カリウムを多く含んでいる、ほうれん草や小松菜、バナナなどがあります。ドリンクではココアやコーヒーに含まれている栄養成分が血圧の数値を効率良く低下させる効果があるとされています。そしてこれらの食品を摂取する際に注意が必要なのが、食品の際は薄味にするというのがポイントです。どんなに血圧を下げる栄養をとっても濃い味付けの食事は結果的に塩分を摂ることになり無意味です。しっかりと減塩をした上で血圧低下効果のある食品を摂取する食事療法を行なっていきましょう。

食事に気をつける

スーツの男性

痛風になってしまった場合は、肥満改善を意識しながら食事内容に気をつけましょう。食事の量だけでなく、栄養バランスや食事の回数、タイミングなどにも注意をすることが大切です。

読んでみよう

摂取を心がける食品

相談

痛みがつらい痛風は、食事内容に注意しながら治療を行なう必要があります。治療中には積極的に水分を摂取することが大切です。水分が尿酸値を下げてくれる働きをしてくれます。

読んでみよう

控えるべき食品

看護師

痛風を患っている人は、食事内容に十分注意が必要です。食品によっては痛風を悪化させるプリン体やたんぱく質、脂質を多く含んでいるため、栄養バランスに気をつけた食生活を心がけましょう。

読んでみよう